Zoller
ZOLLERプリセッティングと測定装置

滑らかなプロセスの基礎

切磋工具の再研磨および工具メーカー様からのニーズが増加に伴い、スムースな加工・検査プロセス、トレーサビリティ、安全なプロセスなどが強く求められています。

ZOLLERを使用する場合、工具の理論値/実寸法値データを確実に転送し、余分な補正プログラミング無しでペーパーレスの完全測定ができます。ZOLLERは研削プロセスに関わるすべてのシステムに適切なインタフェースを提供します。例えば、汎用インタフェースGDX 2.0/2.1とNUMROTO、および多くの研削盤メーカー、例えば、ANCA、SCHUTTE、SAACKE、ISOG、ROLLOMATIC、VOLLMER等。

NUMROTOを使用する自動データ交換

NUMインタフェースは万能測定装置»genius 3«と研削盤の間に長く検証されてきた安全な接続であります。これはプログラミング、数値制御研削盤とZOLLER測定装置がネットワーク接続における動作原理になります。

研削、測定と検査に使用される工具データは製造プロセスにおけるすべての作業ステーションにて、自動かつ同時に、手動による再入力または転送間違いのないことができます。これにより、研削作業企業および工具メーカーは、研削盤制御のプログラミングからテスト記録まで、その研削プロセスを全部自動化させ、統一的なデータを採用できます。

GDX使用による測定装置から研削盤まで

精密工具の設計や製造用の汎用データインタフェースGDX(研削データ交換)はすべて有名な研削盤メーカーに制御向けのデータ交換を提出します。

統一的なGDXデータ構造により、プログラミングソフトウェア、研削盤とZOLLER測定装置は互いに通信できます。GDXファイルには切断用砥石、工具、半製品の形状データおよび測定説明が含まれます。